札幌 おうち こころ プラス からだ セラピー♡

札幌市豊平区西岡で活動中 「人生の片付けアドバイザー」 の 佐藤 宏美です。「幸せな結婚生活を願う女性」 と 「幸せな子育てを諦めたくない女性」へ向けて私自身が諦めかけていた人生を どう変えていったか? 今まで実践した方法を 「家の中 感情 体 の 3つの片付け」 という形で 提案しております。  プライベートでは同い年の夫と小学生の娘の3人家族です。

【再投稿】心の片付けで人生再生②私が片付け出来るようになりたい!と思ったきっかけ

幸せな結婚・出産・子育てを望む全ての女性を応援する

人生の片付けアドバイザー
佐藤 宏美です。

こちらのブログを選んで下さいまして どうもありがとうございます。

 

今月から
「心の片付けで人生再生シリーズ」の過去記事を載せています。

今日は第2回目 です。 

 

ouchi-kokoro.hatenablog.com

 

このシリーズでは
以前 片付けられなかった私が
物の片付けが出来るようになった
きっかけや出来事、心の変化を
書いた記事を投稿していきます。

 

こちらでは、何度も書いていますが、

私の妊娠・出産時代は

もう二度と体験したくない!と思う程

死に物狂いで乗り越えなければならない
生き地獄で過酷な状態でした。

f:id:ouchi-kokoro:20171105224843j:plain

入院中は病室から一歩も出られず
24時間点滴を引きずっていました。
家に帰りたくても帰れない
外の空氣が恋しくてたまりませんでした。
食事を作らなくて良いのは
ちょっとラッキーと思いましたけどね^^;


つわり 船酔いのような眩暈 切迫 精神不安定 など

妊娠中の様々なマイナートラブルは

「トラウマの解放」

つまり 心と体のデトックスということが

わかってきました。

 

 

人は 辛い経験をした時、

その時に感じた感情を手放す必要があります。

 

 

例えば 小さい時に転んで足をすりむいた時

痛い!と泣くのは ごく自然なことです。

 

 

しかし、よくいるのが

そんな位のことで 泣いちゃだめでしょ!!

という母親。

 

 

この時点で痛くて辛い、

という子どもの感情が我慢という形で

抑圧されてしまいます。

 

 

このように抑圧された感情が

心の中にどんどん蓄積されていくことで・・・

やがて心身に悪影響が出てきます。

 

 

それが うつ病だったり ガンだったり

つまり 病氣になっていくのです。

 

 

私の場合は

出生の前後に異常な量の抑圧された感情が

溜まっていました。(バーストラウマ)



妊娠がきっかけで 

大量のバーストラウマが噴出したことが原因で

生きた屍のような
とても人には見せられない惨めな状態になってしまったのです。

 

 

  

きっと特に何のトラブルがなければ

スルーして、何の学びも得られなかったと思うと

辛すぎる経験が、実は最高のプレゼントだったのだ!

と思えるようになりました(≧∇≦)

 

 

孤独に耐えて 乗り越えた自分を

よくここまでがんばってきたね!!えらかったね!!

と、自分をいっぱい褒めています♡

  

 

もし娘が来なかったら

今も 過去の記憶は 私の中に残ったままで

きっと 知らないままだと思います。

 

 

もしかすると永久に封印されたままになる

可能性もあったかもしれません。

 

 
そう思うと

私に沢山の学びや氣付きを与えてくれた家族や

全ての方々に感謝の氣持ちが溢れてきます。


今まで私が体験してきて学んだことや

様々な氣付きを

必要としている方々にお伝えしていくことで

感謝の氣持ちを込めて ご恩返しをしていくので

どうぞ宜しくお願い致します!!

 

 

次回は こちら ↓↓↓ です。 ouchi-kokoro.hatenablog.com

 

 

最後までお読み下さいまして、

どうもありがとうございました(❁´◡`❁)♡

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

今 提供サービスの見直し と 
ブログの全面的な見直しをおこなっているところです。

 

 

内容が確定するまでの間
殆どの提供サービスを一旦 お休みさせて頂きます。

 

 

お茶会は毎月開催(ブログ・SNSでお知らせします)

自宅訪問作業はリアルで繋がっている方のみ
お受け致します。

 

 

今回の見直しは 長い期間が必要になりそうです。

大変申し訳ございません。
 

 

ブログの更新は 今までどおり続けさせていただきますので
どうぞ宜しくお願い致します。

  

f:id:ouchi-kokoro:20170829213849j:plain