札幌 おうち こころ プラス からだ セラピー♡

札幌市豊平区西岡で活動中 「人生の片付けアドバイザー」 の 佐藤 宏美です。「幸せな結婚生活を願う女性」 と 「幸せな子育てを諦めたくない女性」へ向けて私自身が諦めかけていた人生を どう変えていったか? 今まで実践した方法を 「家の中 感情 体 の 3つの片付け」 という形で 提案しております。  プライベートでは同い年の夫と小学生の娘の3人家族です。

自分の判断に自信が無く物を捨てることが出来なくなる本当の理由

幸せな結婚・出産・子育てを望む全ての女性を応援する

人生の片付けアドバイザー
佐藤 宏美です。

こちらのブログを選んで下さいまして どうもありがとうございます。


初めての方は こちら ↓↓↓ から お読み下さい。 

        
私が今までお片づけが出来る様になった

きっかけ、出来事、心の変化のストーリーをまとめた記事です。


プロフィール と 私からのメッセージです。               
    

 

●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●

10月29日(日)初開催決定!!

家族のイライラが減る!

お片づけワークショップ体験付き お茶会のお知らせ

お申込みは ouchi.kokoro@gmail.com または Facebookメッセンジャーから

受け付けます!

f:id:ouchi-kokoro:20170923103606j:plain
f:id:ouchi-kokoro:20170925211350j:plain

静岡県の整理収納アドバイザー 関 美恵子さんが開発された

キャラクターの くん と ワークショップで使うトレーニングキット
を使用します~♬

●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●

 

自分の判断に自信が無く物を捨てることが出来なくなった本当の理由

 

 

断捨離に苦手意識がある理由の一つに

自分の判断に自信が無く

物を捨てることが出来ない場合があります。

 

自分の判断に自信が無いということは、

 

他人の指示が無いと

行動出来ない状態にあります。

 

このような心理状態を「他人軸」と言います。

 

小さい頃から

母親が子どもに対して威圧的だった。

母親が自分の子どもを思い通りにさせようとする育て方をしてきた。

母親が子どもに対して 過保護、過干渉だった。

 

あれは、センスが悪いから駄目

これは、安っぽくてペラペラだから駄目

それは、かっこ悪いから駄目

と、

子どもの選んだ物に

いちいち、いちゃもんをつけてくる親。

だった、ということが

みえてきます。

 

 

母親の言動は

子どもの記憶として

潜在意識(心の深い部分)に

溜まっていき

 

 

その記憶は消えずに

どんどん溜まっていきます。

 

 

最初は 単なる小さな小さな点の思い込み

だった記憶が

 

何度も、何度も

母親から同じ声がけをされ

溜まれば溜まるほど

 

思い込みの器が

どんどん大きく膨れ上がり

ちょっとやそっとじゃ壊れない

頑丈な岩のような状態になってしまいます。

 

 

 

心の深い部分にある考え方は

変えようとしても

ちょっとやそっとでは

そう簡単には変わるものではありません。

 

 

ちなみに、

私の母親もこのケースに当てはまる人で

 

あんたの選ぶ洋服はセンスがない、と

言われ続けました。

一緒に買いに行って

「好きな服を選びなさい。」

と言われてワクワクしながら選んでも

 

これは 〇〇だからおかしい

あれは □□だからかっこ悪い

と、私のやることなすこと

全てに いちゃもんをつけてきます。

 

未だに あーだ、こーだと言いますが

もう、完全に無視です(^^;;

 

そんな感じで

私の着る洋服はもちろん

私の全ての行動をコントロールしてきました。

 

小さい頃は、

親が自分の着る洋服を決めるのは

当たり前のことだと思っていたので

何とも思っていませんでしたが、

 

 

小学4年生頃から

何だかちょっとおかしい、と氣付くように

なり始めました。

 

 

でも、その頃は

自分の使う物を自分で判断するのが

面倒くさくなってきて、

全部親に丸投げになってしまっていました´д` ;

 

デパートでの買い物は

どーせ自分の希望する物を買ってもらえるわけでは無いので

ものすごく苦痛でした。

 

 

一人前の大人へと成長する過程の中で

 

自分のことは

自分で判断、選択していくのが

本来のあり方だと思いますが

 

 

母は、子どもの自立を支援することを

全く考えず無視していたのです。

 

 

私は、親にわがままを聞いてもらったり

自分の意見を聞いてもらえることが

ほとんどありませんでした。

 

 

そのうちに

どーせ、私の話なんて聞いてくれないんだし、

もう諦めて

おかーさんのことを、ハイハイって

テキトーに聞いて、テキトーに従っていれば、

何とかなるよねー。

その方が無駄なエネルギーを消費しなくても良いんだから、ラクだよねー。

そうだ!そうしよう!

 

 

それがきっかけとなり、

人に丸投げの生き方を選ぶようになりました。

 

 

恥ずかしいことに

結婚するまで、この生き方は続きました。

 

 

しかし、親の老いを感じるようになり

本格的な自立を考えるようになり、

それではいけない!と自覚してきた頃

自分で判断せざるを得ないことが

次々とやってきました。

 

 

自分の判断は本当に正しいのか?

常に自分は間違っているのではないか?

という恐怖が襲ってきて、

本当に怖いのです!

 

 

そう思っている時の判断は

実際に間違っていることが多く、

その度に、自分は何も出来ない、

駄目な人間なんだ、と

毎回落ち込んでいました。

 

 

あまりにも深く落ち込んでしまい

自信を無くしてしまい

人と話をすることが怖くなってしまいました。

 

 

そんな状態から抜け出すきっかけを

与えてくれたのが私の娘でした‼️

 

 

赤ちゃんから幼稚園時代には

バスや地下鉄に乗ると必ず

全く見ず知らずの方に可愛いねー💓と

声をかけられました❣

 

 

最初はドキドキしながら話していましたが

回数の多さが幸いして

そのうちに徐々に慣れてきて

普通に話が出来るようになってきました‼️

 

 

娘が、成長すると

人見知りしない娘は

知らない人にどんどん話しかけていきます😃

 

 

娘の姿に影響されて

少しずつ私も自信を取り戻してきました。

 

 

それと共に

正しい判断が出来るようになってきつつあります。

 

 

幸いなことに

娘は自我が強く

自分の好みや、やりたいことが

非常にハッキリとしています。

 

 

親としては大変なこともありますが、

とても良い傾向だと思っています(^^;;

 

 

母親の言動は

子どもに深い影響を及ぼす、と分かった今は、

娘がすることに、出来る限り

余計なことを言わないことにしています。

 

 

多少 チンプンカンプンな格好をしていても

目をつぶっています(^^;;

娘は 動物占いの意思決定が狼

個性的で、風変わりな感性の持ち主。

おもしろいと言えばおもしろいのですが、

???な発言が多く、ついていけないことがあります(^^;;

 

 

きっと皆さまにも

私の体験に似た経験をされている方が

いらっしゃると思われます。

 

 

次回は

「自分の判断に自信が無く物を捨てることが出来ない人への解決案」を

お届けいたします。

お楽しみに〜♬

 

 

最後までお読み下さいまして、

どうもありがとうございました(❁´◡`❁)♡

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今 提供サービスの見直し と 
ブログの全面的な見直しをおこなっているところです。

 

 

内容が確定するまでの間
全ての提供サービスを一旦 お休みさせて頂きます。

 

 

今回の見直しは 長い期間が必要になりそうです。

大変申し訳ございません。
 

 

ブログの更新は 今までどおり続けさせていただきますので
どうぞ宜しくお願い致します。

 

f:id:ouchi-kokoro:20170829213849j:plain

 

       
        ★  お問い合わせは こちらへ どうぞ  ★  
       幸せな結婚生活、子育てを諦めてしまった人へ向けて   
   「自分の心を大切にすると 家も体も みんな整っていく」をモットーに
       自分の想い通りの人生を歩んでいく方法を提案している
          人生のお片づけアドバイザー 佐藤 宏美
              ouchi.kokoro@gmail.com
                 090-7643-6081
               Facebookページ
            佐藤 宏美Facebookはこちら
       お友達申請大歓迎!!メッセージお待ちしてます♡