札幌 おうち こころ プラス からだ セラピー♡

札幌市豊平区西岡で活動中 「人生の片付けアドバイザー」 の 佐藤 宏美です。「幸せな結婚生活を願う女性」 と 「幸せな子育てを諦めたくない女性」へ向けて私自身が諦めかけていた人生を どう変えていったか? 今まで実践した方法を 「家の中 感情 体 の 3つの片付け」 という形で 提案しております。  プライベートでは同い年の夫と小学生の娘の3人家族です。

換気扇をしているから 窓を開けなくても良いのか?

心 ご挨拶 心 

初めてお読みくださる方、毎日読んで下さっている方、

読者登録して下さった方、メルマガを読んで下さっている方、

更新のない日も読んで下さっている方、いつもありがとうございます。

あなたのお力になれますように、お届けしますね。

 

 

私が今までお片づけが出来る様になった

きっかけ、出来事、心の変化のストーリーをまとめた記事です。


プロフィール と 私から 皆さまへのメッセージです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大好きな自分に一歩近づく為の お片づけ個別相談
明日 8月23日 に 開催します! 

10時~12時 と 12時半~14時半 の2回です。

Facebookイベントはこちら http://bit.ly/2u8wTPX


お申込み は 3つの方法で お受け致します。

Facebookページ メッセンジャーhttps://www.facebook.com/ouchi.kokoro/

 メール : ouchi.kokoro@gmail.com

 TEL  : 090-7643-6081

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

換気扇をしているから 窓を開けなくても良いのか? 

 


開運の秘訣として
朝起きた時、掃除をする時には 必ず 窓を開けて
換気 と 通風 をすると良い と言われています。

f:id:ouchi-kokoro:20170823024635j:plain

 

ところが、私の身近にいる人に

換気扇のスイッチを入れて動かしていれば
わざわざ窓を開ける必要はない!

と言い切っている人がいます。

『換気』の定義は、
「給気」と「排気」がセットになります。

 

この定義が崩れると、
部屋内に新鮮な空氣が入ってこなくなり

空氣が澱んだ状態になってしまいます。

 

また 運氣を下げる ほこり が

外に出て行く機会を失ってしまいます。

 

空氣 の 氣 は 目には見えないエネルギーです。

澱んだエネルギーは 人の心身に 悪影響を及ぼしていきます。

 

空氣にも循環が必要なのです!!

 

 

因みに、

夏休み中に滞在していた家は

暑い空気が家の中に入るのを防ぐ為

布テープでガッチリ目張りがしてあり

ほんの僅かな小さな網戸の入った窓からの空気の入れ替えしか出来ず、

しかも クーラーの風にすっかりやられてしまいました。

 

実は もうひとつ ここで理由を公開することが出来ない
窓を開けることが出来ない、ちょっと深刻な理由があるのです・・・。

 

そんなこんなで
ガラッと窓を開けたい私にとっては
ものすごいストレスでした。

今月に入ってから 鼻炎になってしまいました。

 

また 動きたくても 体が重くなり

行動することが 億劫になる という体験もしています。

 

 

空氣の循環の滞りと やりたいことが出来ないストレスは

本当に危険です!! 

 

 

「換気扇だけでなく 窓を開ける生活」

これが 心身を整える生活になる!ということが

どんなに大切なことか、が身に染みました!!

 

 

 新しい氣付きを得ることが出来たことに深く感謝します!
どうもありがとうございます!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ★ Information ★

 

ouchi-kokoro.hatenablog.com

 

3カ月継続コース
● 自宅訪問片付け作業
● オンライン片付け個別相談

様々な方々のご希望にお応えする内容になっております。


1カ月に1日 お二人様限定
● 対面個別相談会

お客様のお話を、最後の最後まで聴きます。

ご希望の方には、さらに私からの提案をさせていただきます。

 

 f:id:ouchi-kokoro:20170807120651j:image 

佐藤 宏美
メール : ouchi.kokoro@gmail.com
TEL  : 090-7643-6081
Facebookページ : https://www.facebook.com/ouchi.kokoro/

 

ご不明な点、ご質問等がありましたら
お気軽にお問合せ下さい。
     
最後までお読み下さいまして、どうもありがとうございました(❁´◡`❁)♡